しが歯科医院の健康の入り口

健康の入り口-しが歯科医院

飛蚊症

2014-07-26

飛蚊症
飛蚊症目の前を蚊や糸くずのようなものがちらついたり、特に白い壁を見たときに気になるようであれば、「飛蚊(ひぶん)症」を疑ったほうがよいという 記事が2014年7月25日の日経新聞に載っていました。

外から入ってきた光は、透明な膜である角膜、レンズの水晶体、ゼリー状の球である硝子体を通り抜けて、目の奥にある眼底の網膜に達して、脳が物体 を認識します。
このうち飛蚊症に関係する硝子体は、ほとんどが水分で透明だが、何らかの原因で濁りが生じると、その影が網膜に映ってしまい、蚊や糸くずのように 見えてしまうと書かれていました。
これが一般的な飛蚊症で、加齢による生理的タイプと呼ばれています。加齢による生理的タイプの飛蚊症は、検査と診断をするだけで、特に治療はしな いとのことです。

近畿大学の下村嘉一主任教授は「症状に変化があったときに再び眼科を受診するよう患者に伝えている」そうです。
これに対し放置してはいけないのが、「網膜に穴が開く病気によって起こるタイプ」の飛蚊症です。網膜に空いた穴は、なるべく早く塞ぐことが重要で す。

そのままにしておくと、穴から硝子体の成分が網膜の後ろ側に入り込み、穴を起点に網膜がだんだんとはがれてしまう剥離が起こり、剥離が進むと、視 力が低下し視野も狭くなります。
「五感のうち目からの情報が全体の約8割を占めるといわれるほど視覚は重要だ。気になる症状があれば、早めに医療機関を訪れることが肝要だ」と書 かれていました。

配信 Willmake143

4つの「新厄年」

2014-07-24

4つの「新厄年」
4つの「新厄年」江戸時代から明治の初期まで、日本人の平均寿命は30歳代にとどまっていました。
その後、1900年に44歳、1947年に52歳、1951年に63歳、1971年に73歳と、およそ1世紀の間に驚異的なスピードで平均寿命を 延ばしてきました。
そしてついに2013年の日本人の平均寿命は、女性86.61歳、男性80.21歳で、過去最高を更新しました。
「人生90年」時代に突入しようとしているなかで、いまの自分の年齢ではどのような問題が生じるのか、そこを認識しながら、生活習慣を見直し、未 来を見据えた健康管理を行うのにとても参考になる本が、「63歳で健康な人は、なぜ100歳まで元気なのか」という本です。
2014年7月22日に出版されたこの本の著者は、国立健康・栄養研究所で臨床栄養部長などを務めたことのある板倉弘重さんです。

板倉さんらは、75万人以上という非常に多くのレセプトデータから、糖尿病、脳血管疾患、虚血性心疾患、ガンなどの7つの疾患に関して、抽出した 科学的な分析結果に基づいて「本当に危ない年齢」を弾き出しました。
その結果、現代日本人にとって 「本当に危ない年齢」 = 「新厄年」 が男女それぞれ4つ、明らかになったそうです。
男性の新厄年は24歳、37歳、50歳、63歳。女性の新厄年は25歳、39歳、52歳、63歳です。

本の中で 「新厄年」 を乗り切る8つの習慣が紹介されています。
 1.抗酸化食品をバランスよく摂る
 2.糖化を防ぐ
 3.石灰化を防ぐ
 4.骨・関節成分を補う
 5.体重を5%減らす/増やす
 6.体を酸化から守る軽いエクササイズを行う
 7.趣味を楽しむ
 8.健康リスクを把握する
の8つです。私たちは、年齢とともに生理的な老化が進行します。そして年齢とともに体質も変化します。体質と生活習慣のミスマッチが病気を呼びこ むので、本書で紹介された8つの厄除け習慣を参考に、年齢に応じたマイナーチェンジを試して下さい。

配信 Willmake143

口から食べられない生活を想像できますか?

2014-07-23

口から食べられない生活を想像できますか?
口から食べられない生活を想像できますか?2014年7月22日に出版された、長生きは「唾液」で決まる!という本には「口や咽の麻痺のため、自力で食べることができない(摂食機能障害 と呼ばれます)ならば、点滴や経鼻経管栄養で生き永らえればよい、という時代がかつてありました。
しかし、今はもはや、そういう時代ではありません。現代は、いかに生きるかが重要な時代です」と書かれています。
手足のリハビリをするように、口や咽もリハビリをして、もう一回口から食べられるようになってもらうお手伝いをしたい。そういう願いを胸に、摂食 嚥下リハビリテーションに取組んでいる著者は、日本大学歯学部摂食機能療法学講座教授の植田耕一郎さんです。
口や咽がまひしたら、仮に歯が28本きれいに残っていたとしても、食べ物を噛むことは難しくなり、飲み込んだものは誤って気管に入ってしまう。
これは、著者が1990年5月に墨田区にある都心型リハビリテーション専門病院に勤務し始めた頃の歯科界の常識を覆すような、想定外の現実だった そうです。

そこで、リハビリテーション科の医師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、看護師、薬剤師、管理栄養士さん達と協力しながら、こうした歯科の現 状を変えようと取組んでいった中で、「口」ストレッチが生まれました。
本書で紹介されている「口」ストレッチは、脳卒中の患者さんを対象に、口や咽の機能を回復するリハビリテーションを行う際のトレーニングとして、 25年前から実施し、リハビリ関連の専門書で発表されてきたものです。

ところが最近は、アンチエイジングという観点から「表情筋トレーニング」「美顔の作り方」「老化予防運動」といった扱いもされているとのことで す。
口や咽の機能回復と全身の健康状態は密接に関係していますので、今回、一般向けの書籍としては始めて、公開された「口」ストレッチを参考にしてみ て下さい。

配信 Willmake143

貯 筋

2014-07-06

貯 筋
貯筋高齢者が健康な生活を送るためには、筋力の維持が大切です。「使えばなくなる お金の貯金 使ってためよう 筋肉貯金」を合言葉に “貯筋” 運動が全国に広まっていることを2014年7月5日の朝日新聞が伝えていました。

老後に備え筋肉を蓄える “貯筋” という言葉は鹿屋体育大学(鹿児島県)の福永哲夫学長の発案です。
高齢者でも無理なくできる貯筋運動や記録する貯筋通帳も考えてきたと書かれていました。

福永学長が、20代から高齢者まで約2千人の様々な筋肉の量を調べたところ、「腕の筋肉は高齢者でもほとんどが落ちていないのに、太ももの前の筋 肉である“大腿四頭筋”や“腹筋”が70代では20代の半分近くまで減っていた」ことがわかったそうです。
そこで、貯筋運動はこの大腿四頭筋と腹筋を主に鍛えることを目的にしています。

力を入れるときに呼吸を止めると血圧が上がってよくないので、自然に呼吸できるよう「線路は続くよどこまでも」の曲に合わせて歌いながら、いすの 座り立ちなど5種類の貯筋運動をやっている東京都文京区の地域活動施設「アカデミー茗台」が記事の中で紹介されていました。
運動するのが難しい人には「一日の歩数を記録し、1ヶ月平均の歩数を毎月10%増やすだけでも効果がある」と筑波大学の山田実准教授(老年学)が 勧めています。
肉、魚、大豆食品などのたんぱく質やビタミンDの多い食事を取るのもいいそうです。

配信 Willmake143

粗食に注意

2014-07-02

粗食に注意
粗食に注意「主食」 「主菜」 「副菜」 「牛乳・乳製品」 「果物」 をバランスよく食べている高齢者はわずか13%という実態が、65〜84歳の908人を対象に行った全国農業協同組合中央会(JA全中)の 「高齢者の食事」 調査で浮き彫りになったのは、2011年4月でした。

食べる量が減って、必要な栄養が足りない状態の 「低栄養」 をテーマにした記事が新聞に2つ載りました。一つは、「粗食に注意 しっかり食べて」 と題した2014年7月1日の朝日新聞の記事です。
東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二・研究部長らの調査では、低栄養になっていると、男女とも死亡リスクが、低栄養ではない人と比べて最 大1.6倍程度上がったそうです。

その理由を新開さんは 「血管の壁がもろくなるタイプの脳梗塞や心筋梗塞が増える。筋肉が減って転びやすくなり、認知機能も下がる」 と説明しています。
また名古屋大学の葛谷雅文教授(老年科学)は低栄養がもたらす影響について 「免疫機能が低下し感染症になりやすく、傷はなおりにくくなる。呼吸機能が下がり、疲れやすくなる」と語っています。
葛谷さんによれば、低栄養になる原因には薬の副作用による食欲低下、かむ力やのみ込む力の衰えなどのほかに、太っていないのに「自分は太ってい る」という間違った思い込みがあるそうです。

そこで、もう一つの2014年7月18日の毎日新聞の記事で、高齢者の単身世帯や老夫婦の食卓は炭水化物中心に偏りがちになるので、管理栄養士で 医学博士の本多京子さんが、魚の缶詰を上手に利用する方法を提案していました。
サバ、サンマ、サケの缶詰は、料理へのアレンジがしやすく、抗酸化作用や脳の働きを活発にするEPAやDHAがたっぷり含まれているので、常備し ておくと便利だと語っていました。

配信 Willmake143

噛み合わせ

2014-06-30

噛み合わせ
噛み合わせTBS系のテレビ局で、毎週日曜の朝7時から 「健康カプセル ゲンキの時間」 が放送されています。2014年6月29日の番組テーマは 「噛む」 でした。

番組紹介には 「先日の放送で、噛むと脳が活性化し認知症予防になると紹介しましたが、他にも噛むことで多くの健康効果が得られます。そんな噛む力を維持するためにカギ となるのが、噛み合わせです。
噛み合わせが悪いと良い効果が得られないばかりか、逆に病気を引き起こす可能性もあります。噛み合わせを正すことで全身がパワーアップし、日々の 暮らしにも様々な効果をもたらしてくれるのです。」 と書いてあります。

番組は、噛み合わせと健康について次のような視点で作られていました。
「噛み合わせが悪いと、姿勢のバランスをとるとき頭の位置がズレてしまい、それがカラダ全体のバランスの崩壊につながります。そして肩こりや腰痛 など多くの弊害を引き起こすと言われています。
噛み合わせを正すと、歯の神経から大脳へ送られる情報量がアップし、脳がより活性化します。
そして脳から筋肉へより強く動かす指令が出て、筋力のパワーアップにつながり、さらにボディバランスが変化して安定するようになってきます。」

番組で行った実験でも、噛み合わせを正すとバランス力が抜群によくなったり、ゴルフのドライバーの飛距離がアップしたりと目に見えて、その効果が 実感されました。
噛み合わせと健康長寿とは密接に関係しています。日常の生活の中でも噛み合わせの重要性を認識して、いきいきライフを送りましょう。

配信 Willmake143

運動不足「〜しながら」解消

2014-06-29

運動不足「〜しながら」解消
運動不足「〜しながら」解消忙しくて時間がとれなかったり、三日坊主になってしまったりして、運動不足を実感している人は少なくないと思います。
2014年6月28日の日経新聞には、普段の生活の中で、運動不足を解消できる「○○しながら運動」が紹介されていました。

まず、運動不足は
1.糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病にかかりやすくなる。
2.日常生活に必要な運動機能の低下を招き、転倒や骨折をきっかけに要介護状態になるリスクが上昇する。
3.うつ病や認知症といった脳や神経の問題も引き起こす。
といった健康に関わる3つの問題につながっていると書いてありました。
これらの問題を抱えていると、介護を必要をせずに日常生活ができる「健康寿命」が縮む恐れがあります。

そこで、国立健康・栄養研究所 健康増進研究部長の宮地元彦さんは、「プラス・テン」という考え方を提唱しています。プラス・テンとは、日々の生活の中で、今より1日10分だけ、体を動 かすことをプラスしようという考え方です。
10分連続で体を動かす必要はなく、1分、2分と小刻みにやって1日の合計が10分になればいいそうです。いつもより歩幅をかかとひとつ分、 5〜7センチ広げてさっそうと歩くことや背筋を伸ばし一歩大きく踏み出して掃除機をかけることなどが記事の中で紹介されていました。
一つ一つの運動量はわずかでも、1週間、1年単位でみると大きな効果につながるので、どんな生活の人でも発想次第で、運動不足は解消できるのだそ うです。

配信 Willmake143

野菜スイーツ

2014-06-24

野菜スイーツ
野菜スイーツ2014年6月23日の読売新聞が、トマトやカボチャなどを使ったスイーツが、大手食品メーカーなどから発売されていて、甘さとカロリーが少し 控え目で、野菜独特の味が楽しめると紹介していました。

健康志向の高まりで、個々のレストランやケーキ店などで作っていたものが一般的だった野菜スイーツが、最近は大手食品会社も相次いで商品を投入し 始めていると書いてありました。「甘いものは食べたいが、カロリーも気になる」 という女性の間では人気だそうです。

ハーゲンダッツジャパンの 「スプーンベジ トマトチェリー」 は、原材料にトマトとチェリーを使った新感覚のアイスクリームで、この新商品は40代の女性にも好評だということです。
モスバーガーは4月から 「ベジジュエル ミニトマトのジュレ仕立て」 を発売し、ローソンも今月から 「トマトとチーズのスイーツ」 を発売しています。

東京都三鷹市の 「菜園カフェ ドーノ」 という専門店には、季節限定の「ブロッコリークリームの菜種ロールケーキ」 や 「アスパラガスのプリン」 などの手作りスイーツが常時17種類前後、並んでいるそうです。
「菜園カフェ ドーノ」 の代表の林卓さんは 「大手食品の参入で、野菜スイーツのおいしさが、さらに広く認知されるきっかけになる」 と歓迎しているということです。

配信 Willmake143

その物忘れに潜むもの

2014-06-15

その物忘れに潜むもの
その物忘れに潜むもの人の名前などがすっと出てこない。「あれ、それ」が多くなった。これらを「もしや認知症では・・・」と心配している人もいるでしょう。
しかし、物忘れの原因には、うつ病や甲状腺の病気、栄養不足など、認知症以外にもいろいろあるという記事が2014年6月14日の日経新聞に載っ ていました。

食べたものではなく、食べたことそのものを思い出せない。何度も同じことを言ったり、聞いたりする。いつもの道で迷子になる。むしろ家族の方が心 配している。このいずれにも当てはまらなければ、認知症以外に原因があるかもしれないと書かれていました。
物忘れの本当の原因として一番多いのは、疲れやストレス、睡眠不足などから一時的に頭の働きが落ちているケースだそうです。

一方で、物忘れの背後には病気が隠れていることもあるそうです。多いのは、うつ病で、うつになると脳全体の機能が落ち、集中力や注意力、判断力も 低下するので、忘れることが多くなると心療内科の医師は指摘しています。
女性の場合は、甲状腺機能低下症や更年期の女性ホルモン減少による記憶力の低下も見逃せないと言っています。

また栄養不足が原因のこともあるので、脳にいいとされるDHAやEPAを含む青魚や、認知症を予防する働きのあるビタミンA、C、Eが豊富な緑黄 色野菜も積極的に食べることを記事の中で、すすめていました。

配信 Willmake143

歯周病を予防したい

2014-06-05

歯周病を予防したい
歯周病を予防したいNHKテレビテキスト きょうの健康の2014年6月号に 「歯周病を予防したい」という記事が載っていました。

歯周病は、歯肉(歯茎)に炎症が起こる病気で、進行すると歯を支えている歯槽骨も破壊されてしまい、日本人の成人の8割以上に歯周病があるといわ れていると書かれていました。
起床時に口の中が粘つく。
抜けたままにしている歯がある。
歯ブラシに血が付く。
歯が長くなったように見える。
この4つの項目に一つでも当てはまる人は、歯周病になっている疑いがあるとも書かれていました。

健康な歯肉は、薄いピンク色で、コラーゲンの働きでよく引き締まっています。しかし、歯や歯肉に付着する歯垢(プラーク)の中で、歯周病菌が繁殖 すると、歯周病菌が出すコラーゲンを分解する酵素によって、歯肉は腫れてぶよぶよした状態になってしまいます。
また、歯周病菌によって産出される毒素や炎症物質などによって骨を溶かす働きが高まると、歯槽骨が徐々に破壊されていき、最終的に歯を支えきれな くなり、歯が、抜けてしまうことになってしまいます。

新潟大学大学院医歯学総合研究科の山崎和久教授グループの研究で、歯周病の原因となる細菌をのみ込むと腸内細菌のバランスが壊れ、様々な臓器や組 織に炎症を起こすことが明らかになったと読売新聞が2014年6月18日にオンラインで伝えています。

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c) by Shiga Dental Clinic.2010 All Rights Reserved.